フォーサイトの通信講座。口コミで評価が広がってマス。

入社してから、宅地建物取引主任者(宅建主任者)の勉強を始めるようになりました。宅建主任者に限ったことではなく、こと資格についてはビギナーですから右も左もわかりません。しかし、不動産業界ですから周りには資格を持った先輩がたくさんいるので、何か困ったことがあればすぐにSOS。すると、それぞれの体験をもとにアドバイスを送ってくれました。

頭を悩ませたのは、どれくらい勉強すればいいのかということ。半年でOKという人もいれば、念のため9カ月間ぐらい見ておいたほうがいい、という意見も。さすがに1年ともなると、長くて気分が滅入ってしまうかもしれませんし、仕事のことも心配。スタート時期と期間は慎重に決めなければなりません。
結局はフォーサイトの通信講座を頼りにしましたが、実績があるので安心でした。よくよく確認してみると先輩たちにも受講経験者は多く、「カリキュラムがしっかりしているから大丈夫!」「計画的な学習プランが組み立てられるからイケるよ」とエール!?をもらったり……さすが、口コミで広がるフォーサイト。

“合格に必要なノウハウが蓄積されているのが信頼の証”と納得しました。
さて、宅地建物取引主任者の試験は毎年10月第3日曜日。その日に合わせて学習プランを考え、合格に向けて準備を始めます。自分なりに一度立てたら必ず見直すこと。どこかに無理はないか、無駄な時間がないか、自分のペースで消化できるかを十分に考慮したら、いよいよスタート。
最初から飛ばす必要はありませんが、あまりスロースターターでも困りもの。モチベーションが下がらないように、やる気や集中力を切らさないように続けなければ手応えは感じられません。

前述した試験科目や問題数、配転などを意識しながら、それぞれどれくらい時間を割けばいいのか、どこまで深く理解しておくべきかといったことをフォーサイトの通信講座ならアドバイスしてくれます。手もとにあるテキストや問題集を最後までやり通すこと。二度三度と繰り返すこと。そうすれば、基礎的な知識が身に付いて、自信が深まります。宅建主任者の合格を目指すには、この自信が大切なのであり、秘訣とも言えるのです。